愛犬マロンへ

  DSC02353.jpg
                   1階の事務所の中で
 DSC02227.jpg
                    1階のホームで
   
 皆様こんにちわ
 アイラッシュサロンの須藤洋美です
 昨日午前9時半ごろ、愛犬ゴールデン=マロン(オス)
 が息をひきとりました
 2001年2月13日生まれの14歳と11ヶ月でした
 あと2週間で15歳になる目前でした
 昨年12月半ば、急に吐き気に襲われ立てなく 
 なり
 びっくりして病院へ連れて行くと腎不全という
 病気にかかり、しかも尿毒症を起こしていました
 すぐさま点滴で手当てをし、毎日点滴の通院の日々が
 はじまりました
 一度腎臓を悪くするともう治らないのだそうです
 
 いたって元気まんまん、食欲旺盛、毎日朝&夕方の
 散歩に走りまわっていました
 これといった前触れの症状も見られずだったので
 先生から聞いたときは信じられませんでした
 年末の病院が休みのときじゃなくて良かったと
 少し安心しましたが
 すでに腎臓の数値がかなり高く毎日点滴をしに
 朝病院へつれていき、夕方お迎えにという毎日
 少し良くなってきたかな~と思いながらも
 食事はできず、カステラや乾燥芋といった具合で
 みるみる痩せ細っていきました
 腎臓にはとにかく「水」をたくさん飲んでくれれば
 と先生のアドバイスでお水をたくさん飲ませました
 年明けには体力の限界でよたよたとなり
 歩くのも辛そうで
 それでもトイレは自力で起き上がり外へいくんです
 
 凄いなと関心しながら抱っこで部屋に入れていたので
 なんせ大型犬だから自分の腰が痛いわで
 毎日湿布をはりながら看病してきました
 1月末まではもたないだろうと思いながらも
 水だけで18日間過ごし
 1月25日(日)午前9時半ごろあの世へと旅立ちました
 たまたま定休日で家にいたので看取ってあげられました
 生まれて2ヶ月に、弟が取引先の社長さんちでゴールデンが
 生まれたからともらってきました
 まもなく家系図を取り寄せると誕生日が2月13日うまれ
 とかいてあり
 私と一緒だ~!!なんだかかわいくてたまらなくなりました
 こうしてみると我が家に来るご縁だったのでしょうか?
 人懐こく誰にでも近寄り、近所の叔母さんやおじさんに
 にも「マロン~」と言って可愛がられていました
 純ゴールデンだったので骨格ががっしり、顔も大きく
 今はスポーテイで細身なタイプが多くなっているので
 珍しいのだそうです
 そのせいか長生きできたのかもしれません
 
 どこへ行って年齢をいうと「え~っ!!そんなになるの?」
 とびっくりされたものです
 可愛そうで毎日泣く日々でしたが最後の息を引きとる
 まで、部屋の中で看病し、そばにいてあげられたので
 良かったと思っております
 いろんな思い出が映画のようによみがえってきます
 15年という驚異的な年数を、マロンちゃんとともに
 過ごすことができてたくさんのいい思い出を本当にありがとう
 といいたいです♪
 
 よく頑張ってくれました 
 安らかに眠ってね、お母さんはマロンのこと一生忘れません
 ゴールデン=大型犬の寿命はだいだい8~10年と
 いわれています
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

関連記事

  1. 今日は節分です

  2. 美味しい玄米の炊き方はこれです

  3. スタミナラーメン

  4. AGEスマートセミナー

  5. シミ・シワ・たるみは9月中のケアで決まります

  6. jazzライブへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。