こどもの日、バスターの命日

皆様こんにちは
貴方だけのとっておき隠れ家サロン
アイラッシュサロンの須藤洋美です
今日はこどもの日
夏日のようなよいお天気です
紫外線も強くなりましたので
日焼けには気を付けて下さいね♪
20170505110457cb7.jpg
5月5日はバスターの命日です
亡くなってちょうど一年に
なりました
我が家で飼っていた愛犬
フレンチブル
バスターです
フレンチブル見かけたり
SNSでフレンチブル見たり
するとバスターを思い出して
涙しています
たいした病気ではなかったのに
医師の診断ミスで
たった2ヶ月あまりであっけなく
殺されてしまったバスター
長年担当してくれていた医師が
実家に帰り動物病院を開業する
ということで、信頼をしていた
医師がいなくなる
今後どうするか?とても悩みました
その時にこれもご縁の終わり
と思い、新しい動物病院を変えて
いればよかったのです
しかし15年近く同じ医師に
かかりつけていた私は
あてもなく同じ病院の方が
安心だろうとう選択ミスを
犯してしまったのです
それが悲劇の始まりでした
担当医師が退職したまもなくの
2か月後にバスターの体調が
悪くなり同じ病院へ連れていき
院長先生を指名して診察を
受けました
ここの動物病院は院長その他
若手医師が数人おります
今後のためにも
院長なら安心だろうという
選択をしたのです
吐き気、泡状の嘔吐がひどく
診察中にも院長の目の前でも
数回吐いたりしていました
ひどいね…
と言われながら吐き気止めの
薬を処方され帰宅しました
数日しても全く改善せず
1週間後に再診察へ
連れていき全く吐き気がとまらない
というと
まだ数日だから…あっさりとした
診断で
じゃあ違う種類の吐き気止め薬を
出します
というこで帰宅しました
その後も全くよくならず
また一週間後に診察へいくと
こんなに薬のんでも吐き気が
止まらないなら胃ではないかも?
しれないでした
では原因は何ですか?と尋ねると
首をかしげ、
喉の腫瘍か胃の腫瘍かも
しれない…でした
すでに体力消耗していたため
内視鏡検査は全身麻酔をしなければ
ならないから
命にかかわるからという判断で
内視鏡することも出来ずに
結局はっきりとした
原因がわからないままとなり
ました
吐き気、嘔吐の繰り返し
だんだん体重がおち
痩せていきました
水をのんでも吐き、ご飯食べても
吐きの繰り返し
しまいに脱水症状をおこして
しまい
毎日点滴に通院する有り様
それでも院長は
よくなるといいんだけど…
と言うだけで原因はわからない
まま、
月日だけが過ぎていきました
ある日、友人にこのいきさつを
話すと、うちの犬も同じことがあって
膵炎で入院したとのことでした
それ、犬特有の膵炎じゃない?
といわれ、はあ?!
全くそんな診断されてない‥
すぐに次の朝一番で
友人が通院
している動物病院へ
セカンドオピニオンのためと思い
急いで連れていくと
診断は犬特有の膵炎でした
やっぱり
院内には膵炎ご存じですか?
という大きなポスターが何枚か
張られていて
犬のイラスト入りで
吐き気、泡状の嘔吐、食欲不振
の症状がある絵が描かれていました
まさにこれだ!!!
全く同じ!
医師にここに来るまでのいきさつ
友人に紹介されてきたことを
告げ、
膵炎検査されましたか?
とすぐに言われ
膵炎検査用の血液検査キット
というものがありました
即検査してもらうと
医師にはっきりと言われました
普通はね、レントゲン検査をしてから
内視鏡検査をするから
いきなり内視鏡検査には進まない
ですと。
膵炎は犬にとても多いんですよと。
随分長く引っ張り過ぎたね~
と言われ
すでにバスターは体重が3~4キロ減
人間でいうと10キロ近くになるのだ
そうです
見るに絶えないほどガリガリ
毎日の嘔吐と吐き気でした
膵炎とはお腹がかなり痛いのだ
そうです
すでに1ヶ月半以上が経過してたので
もしかしたら助からないかもしれない
と告げられました
膵炎の治療を始めたのもつかの間
すでに体力消耗がひどく
治療を開始したけれど
2週間で死亡しました
もっと早くここに連れてきていたら
すぐに良くなって助かったのに…
後悔してもしきれずに
私は自分を責めていきました
バスターを火葬してから
長年かかりつけの病院の
担当院長にこの話をすると
それは膵炎ではありません!
と言い切り逃げて認めませんでした
なかなか難しい癌や病気なら
助からなくても仕方がない
バスターは体調が悪くなる1ヶ月前に
健康診断に行ったばかりでした
全くの異常なしという結果でした
その1ヶ月後に吐き気と嘔吐に通院
です
健康診断やったばかりにかかわらず
すぐに膵炎と診断されれば
いくらでも助かった病気
気がついてもらえなかったバスターは
運が悪かったとしかいいようが
ありません
バスターが死んでから回りの人に
話をすると
どこの病院?だったの?
ひたちなか市心恵堂と話すと
そこ、知ってる
評判悪くて有名だよ!!
うちの犬もそこでおかしくなった
近所の犬もそこで死んだ
みんなあそこには連れて行って
ないよ
あの人も、この人も
いきなり数人から被害に遭った
人たちや評判わるい噂ばかり
で驚きました
そんなに?!
独立してしまった長年かかり
つけだった医師は先代の犬から
ずっとたすけてもらっていました
だからそんな酷いとは
思ってもみなかった
独立して開業するというくらい
だから、その担当医師は真剣に
治療に当たっていたんだ
院内で起こっていることも
きっとみて見ぬふりだったの
だろう
どうか大事な家族同様に
思う愛犬、愛ネコを飼う皆様
名前をあげてしまいますが
大切な家族が被害に合いま
せんように
ひたちなか市心恵堂には
連れて行かないで下さい
そこへ通院している方も
いらっしゃるでしょう
でも被害にあっている犬たちが
たくさんいるようです
今日はバスターにお線香とお花を
あげました
長文ですみませんが少しでも
皆様のお役にたてますように
今朝は犬散歩中に
またてんとう虫見ました
9匹みたよ♪

関連記事

  1. 今週のアレンジメント

  2. 今週のお茶菓子♪

  3. てんぷらそば

  4. 名古屋サロン巡り一日目の巻き♪

  5. 友人宅のワイン会へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。