クレンジングオイルの違いってなに?

皆様こんにちは

貴方だけのとっておき隠家サロン

アイラッシュサロン須藤洋美です

メイクを落とすときに使用するクレンジングオイルについて

説明していきたいとおもいます←これ意外と知らない方多いんです

鉱物油=ミネラルオイルといいます

食事でも良いオイルの方が身体にいいと言われていますね
細胞、脳の細胞にまで影響する「オイル」

お肌の細胞にもダイレクトに届ける化粧品に使われて
いるオイルも、身体同様にお肌の健康を考えなくてはいけません

ありとあやゆる化粧品にオイルって配合され作れれています

一般的に化粧品・医療などで使うもの

「石油からできたオイル」➡「鉱物油=ミネラルオイル」といいます

<ミネラルオイルの特徴>

●安定性が高い(精製されたオイルはほとんどが酸化しないので変質の心配がない)

●刺激が少ない

●肌に浸透しない

●保護力が強い

などクリームやクレンジングオイルは油性成分として
よく配合されています

精製され、より綺麗に純度も上がっているのだそうです

でも肌への浸透がほとんどなく、低刺激で、強い保護力があり

水分の蒸発を防げます

保護力の高い、落ちにくいウォータープルーフマスカラや

ファンデーション、口紅💄など、メイクが崩れないように

ミネラルオイルが含まれているわけです

ミネラルオイルがお肌を「保護」するという点では優れていますが

落ちにくいため毛穴が塞がってしまい、詰まりの原因となります

皮膚本来の機能である「保湿」「代謝の低下」をさせ、

ターンオーバー{肌の生まれ変わり」が停滞し、使い続けると

古い角質が肌の表面に残ったまま、肌の再生能力をサポート

することができません

<ミネラルオイルの表示>

●パラフィン

●流動性パラフィン

●ワセリン

●マイクロクリスタリンワックス・・・・

もう一つの見分け方

「ミネラルオイル」はとても安価であらゆる製品に含まれています

皮膚は人体の外臓=臓器です

(体重の約16%を占める)

肌に直接塗布するものは、確実に肌へも影響をするので、

しっかりとどのようなオイルがいいのか?を考える必要がありますね💛

お肌の健康を考えると、深い細胞にまで働きかけるオイルは

質の良いのが何より大切です

友達追加

LINE@友達募集中♪

キャンペーン・お役立ち情報など配信しております

追加ボタンはこちら

友だち追加
友達追加登録くださった方へ

動画をプレゼントしております!!

アイラッシュサロン

水戸市大場町2189-8 2F

029-269-6001

※本文に氏名・電話番号・住所を記載して空メールを送信

資料請求はこちらまで

http://eyelashsalon.jp/contact/index.php

関連記事

  1. 須藤の処方箋雑穀定期便とどきました❣

  2. 日本橋のエステサロンへ、大人版、美養食講座のお勉強にいってき…

  3. 紫外線から肌を守るために☆

  4. コロナ自粛生活でやることいっぱい☆

  5. 玄米の効果ってすごい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。