アフタヌーンティールームでお茶会

皆さまこんにちわ

貴方だけのとっておき隠家サロン

アイラッシュサロン須藤洋美です

 

お友だちサロン先生のマスヨさんが

アイラッシュサロンに訪問下さる

ということで、日光へ日帰りでいって

きました!

翌日は石岡市で一人サロン経営する

お友だちサロン先生「サロンドルージュ」

の一惠さんと3人でお茶会です

 

マスヨさんを囲んで一人サロンでのお悩み

をきいてもらうという会です

駅直結している「テラスザガーデン」にて

12時半からアフタヌーンティをしました

 

季節のアフタヌーンティということで

ハロウィーン用に作った限定スイーツ

&セイボリーでスコーンはおかわり

自由というメニューです

 

アフタヌーンティーといえば優雅な空間で

ゆっくりお茶お楽しめる、女子には嬉しい

プランですよね♥

 

 

 

 

 

 

 

マスヨさん、かずえさんと3人でのお茶会

 

平日ということもあって空いていたのでラッキー☆

2段プレートが運ばれてくるだけでウキウキ

します(#^.^#

 

 

 

 

 

 

 

普段なら絶対に作らない大きさの

バーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

お替わり自由のスコーンサービスなんてすごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハロウィーン用のかぼちゃのプリンとスイーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンドイッチとセイボリー

セイボリーってアフタヌーンティではよく

メニューで見かけますが、どんな意味なのか?

ご存知ですか?調べてみましたよ♪

 

スイーツの反対語で塩気という意味

甘いものばかりだと長時間に色々な

種類を食べるのはつらい…

塩気のあるスナック・フードを間に挟みなが

ら楽しむ。という意味らしいです(o^―^o)ニコ

 

う~ん納得!!

スコーンとケーキだけでももちろんOK

だけど、セイボリーがあればいろんなお話し

の時間がつくれますよね⁈

 

 

 

 

 

 

 

マスヨさんのお誕生日ということもあって

サプライズでお祝い❤


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別にオーダーして作っていただきました♪

大喜びのマスヨさん!!

一人サロン経営同志でしか分かり合うことが

できないお悩み相談会となりました

 

お茶会の後はせっかくなので茨城も楽しいで

いだだこうと「偕楽園」へgo^~~

「灯台もと暗し」といいいますが

近くにあるものは意外と気が付きにくい

という意味で、梅まつり以外はめったにいく

ことはないですね。

 

 

 

 

 

 

 

偕楽園内を歩く3人

かずえさんは石岡在住ですが何十年ぶりだそう?

ね、やっぱり灯台もと暗しです

 

 

 

 

 

 

 

 

弘道館内

久しぶりに入ると景色がよく見えるカフェが併設されていました

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンの景色とマッチングしたスドウのシャツの色

 

偕楽園散策のあと、サロン訪問くださいました

はじめての来訪なのでちよっとドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーマロジカスキンバー体験カウンター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい製品や自分に合ったスキンケア製品が

無料でお試しできるカウンターです


 

 

 

 

 

 

 

お客さまにサロンメニューを紹介しているところ

マスヨさんが✔チェックしてます

 

サロンの中をみていただいて、ここはこうした

方がいいというアドバイスをもらいました

 

いよいよ名古屋へ帰宅するということで

水戸駅までお見送りです

2日間、マスヨさんとプライベートな

お話しまで及んでたくさんの楽しい時間も

共有できたことに感謝です!

 

 

 

アイラッシュサロンのリットリンク

ができました!!

こちらからご登録を宜しくお願い

いたします♡

下記からサロン情報が全てみれるように

なりました

⇩⇩⇩⇩⇩⇩下記をクリック

https://lit.link/eyelashsalon

水戸市大場町2189-8 2F
℡029-269-6001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 行動計画書作成セミナー

  2. 市民運動会♪

  3. せっせっと片づけ

  4. ケラスターゼサロンへ

  5. 雪積もってます

  6. 温泉入ってきました