日光との関わり方について

皆さまこんにちは

貴方だけのとっておき隠れ家サロン

更年期女性のつよい味方、須藤洋美です。

 

連日の酷暑ですが今週末は水戸黄門祭り

でした♪今年は四年ぶりの日本一の神輿が

でたそうですね。

市民会館がオープンしてから有名人歌手が

目白押しで来ています✨✨

水戸賑わっています💕

 

連日の暑さで気になるのは紫外線ですね(T . T)

暑すぎるので、外出はもはや危険レベル

ですが、とはいえ夏はイベントも多いし

お子様が夏休みだからお出かけの時間も

増えてしまいます( ;  ; )

 

本日は日光との関わり方について書いて

いきますね!

 

皮膚を日に焼き過ぎると紫外線による

しみ、老化を促進させます。逆に日光不足

だと骨粗鬆症の発症リスクが高くなります

 

え?紫外線と骨粗鬆症って関係あるの?

ですよね?

昔と違ってオゾン層の破壊から温暖化に

よる異常気象の影響で、単なるは日焼けで

は済まなくなっています。

 

紫外線は悪いものというイメージがつよい

ですが、日光不足による若い女性の

骨粗鬆症の症例が増えてるそうです。

なぜなら美白美人がもてはやされている

いま、肌を日にさらすことを極力嫌うよう

になったためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨について🦴

骨をつくる骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞

が存在し、骨の新陳代謝を促進しています。

骨にも新陳代謝があるんですね✨✨

両方がバランスよければ丈夫で健康的な

骨を維持できます。

肌と一緒ですねー。

 

特に子どもを生む女性は、エストロゲンと

いう女性ホルモンで骨が壊れないように

抑制する機能を持っています。

閉経後の女性ホルモンの減少により

エストロゲンの分泌が少なくなって更年期

女性は骨粗鬆症を発症しやすくなります。

 

スドウも50歳すぎて骨粗鬆症検査したら

ギリギリラインだったのには驚きました‼️

 

50歳以上の女性は3人にひとりの割合で

発症します

体内で骨を作るにはカルシウム、ビタミン

Dも必要で魚🐟やキノコに含まれています

が、肌が紫外線を浴びることにより皮膚で

合成することができるのです。

 

顔は怖いですが、首やデコルテなどすこし

は、一日20分程度は紫外線を浴びた方がいい

と皮膚科の先生からもお聞きしています。

人間にとって必要なものなんですね

 

今の50代の女性は多分若い時、うんと

日にやいてしまっていた年代です。

でも今の若い子はちがう、日にやかない

女性が沢山いらっしゃるのです。

だから若い年代で骨粗鬆症が増えている

というのはこの理由なんですね!

 

日焼け止めはもちろん塗らないとだめです

が、日光と上手に付き合っていきましょうね❤️

 

 

 

LINE公式アカウント登録はこちら

http://line.me//ti/p/DF50N89FUo

 

メルマガ登録はこちら

サロンの詳細・最新情報を配信しています

https://maroon-ex.jp/fx295097/qud1fC

 

美養食サイトはこちら

https://biyoushoku.jimdofree.com

 

関連記事

  1. 愛犬ノアがお腹をくだして気づいたこと

  2. お友だちのサロンへエステにいってきました

  3. 陶器展示会へ

  4. 人形町にあるダ-マロジカサロン訪問♪

  5. 化粧品をネットで買う怖さ

  6. 目元の乾燥やシワが気になるわけ